投稿

ラベル(パソコン)が付いた投稿を表示しています

3Dプリンターってどんなものなの3Dプリンターを使う利点と造形の種類について解説

イメージ
Flashforgeより引用 今回紹介していくのは3Dプリンターについてです。 私は、今まで3Dプリンターについての記事を書いていませんでしたが、この度、3Dプリンターの購入を検討しておりその時に身につけた内容などをお伝えしたいと思いこの記事を書いています。 今後、3Dプリンターを購入したらその3Dプリンターについての記事についても書いていきたいと思っています。 この記事では主に3Dプリンターとはどんなものでどのようなことができるのか、そしてそれぞれ特徴のある造形方式について解説していこうと思います。 目次 3Dプリンターでできること 全ての3Dプリンターに共通すること 3Dプリンターを使うメリット 試作品製作費用を削減 試作品入手までの時間を短縮 たくさんの種類の材料が使える どんな人に合っているのか 3Dプリンターの造形の種類とは 熱溶解積層方式 光造形方式 粉末固着造形 お勧めの3Dプリンター Adventurer3(熱溶解造形方式) elegoo mars(光造形方式) 3Dプリンターでできること スミソニアン展示会Webより引用 3Dプリンターでできることはズバリ、3次元のものが作成できます。名前の通りです。通常のプリンターは紙の縦横にしか印刷できませんが、3Dプリンターは縦方向に向かっても印刷することが可能なので立体的なものを作ることができます。 また、3Dプリンターでは素材の切断や組み立てでは難しい、細かな形を造形することもできるので便利です。 試作品など発注すると高くつきまた、手元に来るまで時間がかかるものでも安価に生産でき短い時間で試作品を手に入れることが可能です。 全ての3Dプリンターに共通すること 3Dプリンターにはたくさんの種類があり、またその種類によって造形物の作り方に違いができます。ですが、3Dプリンターでは造形方式にかかわらず共通する点があります。 それは、どの3Dプリンターも印刷の際に層を重ねて印刷していると言う点です。3Dプリンターは樹脂などの材料を上に少しずつ重ねていくことで形を作っています。3Dプリンターの造形の綺麗さはこの層の積み重ねの精度や積み重ねていく厚さなどが関わってきます。 3Dプリンターを使うメリット 3Dプリンターを使うメリットは3Dプリンターでできることで説明したように、試作品に関わるメリットが多くありま

超超コスパ最強のグラボ「RTX 3060TI」

イメージ
NVIDIAより引用 今回紹介していくのは、グラフィックスボードのチップ「GPU」開発でおなじみのNVIDIAから発表された新型の「RTX 3060 TI」についてです。 RTX 3060 TIはRTX20シリーズの後継のもので性能が向上しています。 この記事では主にRTX 3060 TIの仕様及びRTX20シリーズなどとの比較と主に筆者の感想を述べていきます。 目次 RTX 3060 TIの性能 半額近い価格でRTX 2080 Super同等性能 最後に RTX 3060 TIの性能 NVIDIAより引用 RTX 3060 TIはRTX 2060 Superの後継となるもので大幅な性能向上を果たしています。 以下の内容がRTX 3060 TIのスペックです。 プロセスルール: 8nm シェーダー数: 4864 ブーストクロック: 1665MHz メモリ容量: 8GB RTコア数: 38 価格: 55000円程度 TDP: 200W 半額近い価格でRTX 2080 Super同等性能 NVIDIAより引用 RTX 3060 TIと他のGPUを比較したものが上記の表です。 まず、RTX 3060 TIで大きく変わったのがコア数です。 従来のRTX 2060 Superのコア数の倍以上のコアが搭載されており、ハイエンドGPUの RTX 3080 Superのコア数よりも1800ほど多くなっています。 GPUの性能はコア数が多ければ多いほど高性能になるのでコア数が増えたという点から性能が大幅に向上しているということが考察できます。 また、プロセスルールが12nmから8nmになったことで省電力化、低発熱化がされコア数の少ないRTX 2080 SuperよりもTDPが50Wほど低くなっています。 クロックにおいてはRTX 2080 Superには勝てませんがRTX 2060 Superほどになっています。 上記のグラフはGPUの性能は比較したものです。RTX 3060 Superは緑色のバーです。 このグラフで見てみるとRTX 2080 SuperとRTX 3060 TIはほぼ同性能であることがわかります。 RTX 3060 TIとRTX 2080 Superとの価格差はおおよそ4万円ほどあるので、この性能がほぼ半額の価格で手に入るのはとてもコスパが良いといえます。

32bitと64bitって何?Windowsにおいての32bitと64bitの違い、注意点について解説

イメージ
Pando: GoodData's New Analytics Platform and App Marketplace Pull Hidden Meaning from Digital Marketing Big Data より引用 今回解説していくのは、パソコンなどコンピューター関係でよく耳にするbitに関する話です。 皆さんのほとんどがスマホやパソコンなどのコンピュータを使っており、このbitというものはそれらに関係する内容です。 この記事では、主にbitとはパソコン、コンピューターでは何を表すのか、何が違うのか、そしてWindowsではこのbit数で気を付けなければいけない部分があるのでそれらについて解説していきます。 目次 bitとは 3進数や4進数のコンピューターはないの? CPUにおいてのbit数の違い Windowsでのメモリ容量の制限 HDD搭載容量の制限 64bitが断然有利 x86と32bit bitとは まず、bitとはそもそも何のことなのかについて解説していきます。 bitとはずばり言うと「コンピューターが扱える最小単位」といえます。コンピューターに少し詳しい人であればコンピューターでは数字を扱って計算をしているということを知っていると思います。 この利用している数字が2進数といって0と1で表現されるものでコンピューターでいうところのこの1及び0で構成される桁数がbitという具合です。 1bitは0と1の状態しか持たずそれ以外の2や3という値を持ちません。パソコンなどのコンピューターはこれらの0と1を用いてすべてのものを計算しています。 3進数や4進数のコンピューターはないの? 現在使われているコンピューターはほぼすべて2進数を用いています。ですがなぜ、コンピューターは計算に2進数を用いるのでしょうか、表現できる数が多いほうが良いのではと考える人も多いと思います。 しかし、これには明確な理由があります。コンピューターは0と1とが電圧の違いで表現されています。これはすなわち、3進数や4進数でも電圧の大きさで区切ってしまえば表現できることがわかります。 しかし、3進数や4進数のデータを扱おうとメモリの電圧の区切りをすると問題ができてしまします。それがノイズ等によるメモリのデータが改ざんされるという問題です。 例えば4進数のデータ

新型Macの「M1」のCinebenchのスコアが公開、第11世代i7を上回る

イメージ
今回新発売されたApple社のMacシリーズに搭載されているCPUである「M1」のベンチマーク結果とその比較対象のスコアが明らかになりました。 今回の記事では新型のMacシリーズが現行のIntelPCと比べてどのくらい高性能なのかについて比較していきます。 ※画像はAppleより引用 目次 「M1」に対応したCinebenchR23ベンチマーク 「M1」のベンチマークのスコア インテルでいうとどのくらいの性能 「M1」はすごい 「M1」に対応したCinebenchR23ベンチマーク https://g-pc.info/archives/18140/より引用 Cinebenchは、CPUの性能を比較するためのベンチマークツールで、今まで使われていたのはCinebenchR20またはR15でした。このCinebenchシリーズは高解像度の画像をレンダリングしどのくらいの時間がかかるのかを測定することでベンチマークの結果が出ています。 従来のR20では、Macシリーズに搭載されているAppleシリコンの「M1」に対応していなかったため、新たにMacに搭載されている「M1」も動作可能になったR23が登場しました。 なお、R23のスコアはR20との互換性がないため単純な性能比較はできません。「M1」との性能を比較する際はR23を用いて測定した結果で比較する必要があります。 「M1」のベンチマークのスコア Appleより引用 今回情報がわかったのはMacBookProのメモリが8GB、ストレージが512GBのモデルの結果でした。用いたベンチマークは上記で紹介した「M1」対応のCinebenchR23です。 結果は シングルスコア:1498 マルチスコア:7508 となっています。コア数は8コアとなっており、プロセッサーの表示は「Apple Processor」なっていました。 インテルでいうとどのくらいの性能 インテルより引用 CinebenchR23のベンチマーク結果はMacに搭載されている「M1」の結果以外にも性能が近いCPUでは第11世代のCore i7である「Core i7-1165G7」と「Core i7-7700K」が挙げられています。 ちなみにこの二つのCPUのベンチマークの結果は以下のようになっています。 Core i7-7700K シングルスコア:1230

Apple Silicon「M1」を搭載したMacが発表。MacBook Pro等3機種が登場

イメージ
約1年ほど前からAppleより販売されているパーソナルコンピューターであるMacシリーズがインテルのCPUを採用するのをやめ独自開発のCPUを搭載するという予測がなされていました。 それがApple Silicon搭載Macです。Appleは以前も自社で開発したCPUを搭載していましたがIntelがCore 2 Duoシリーズを発表したころからIntelに移りました。今回のMacシリーズではIntelから独自開発のApple SiliconのCPUを搭載するようになっておりこの動きはIntelのCPUのプロセスルールの微細化が進まない開発の遅れや利益を追求したものといわれています。 そして、自社開発のApple SiliconのCPU「M1」を搭載した新機種のMacBook Airと13インチのMacBookPro、MacMiniが発表されました。 ※上記の画像およびこの記事で利用している画像はhttps://pembeteknoloji.com.tr/apple-m1-islemcili-yeni-mac-leri-tanitti-29806/より引用 自社開発されたApple Silicon「M1」 今回は発表されたMacシリーズは今までのMacに搭載していたIntelのCPUではなく、Appleが独自に開発しているApple Siliconの「M1」というCPUが搭載されました。 今回搭載された「M1」は5nmプロセスルールで製造されており、今までのIntelMacに比べてワット当たりのパフォーマンスが飛躍的に向上しているとのことです。 また、インテルのCPUを搭載していた時はCPUにRAM等は内蔵されていませんでしたが、今回の「M1」では、SoC内にRAMを搭載することでレイテンシが少なくなっています。 「M1」は約160億個のトランジスタによって構成されており、コア数は8コアで高性能なコアが4つ高効率なコアが4つの8コア仕様で、スマホ等で採用されるSnapdragon等のSoCの設計によく似ています。また、「M1」のシングルスレッド性能はIntelを超えるとされています。 GPUは最大8コアで構成されています。これは一度に2万5000スレッドを処理可能で、インテルの内蔵GPUと比べても大幅に高性能です。 また、iPhoneのSoCにも搭載されているAIの処

キーボード一体型のRaspberryPi4【RaspberryPi400】が登場

イメージ
engadgetより引用 RaspberryPiはシングルボードコンピューターであり、電子工作のような使い方もできればPCとして様々な作業が行える画期的なコンピューターです。 RaspberryPiに関する詳しい記事は下記のリンクからご覧ください。 https://yamasangadget.blogspot.com/2020/10/raspberry-pi4.html 今回発売されることが決定したのはキーボードとRaspberryPi4が一体化したRaspberryPi400という製品です。この製品はキーボードの筐体の中にRaspberryPi4を搭載しキーボードとディスプレイ、マウスなどの各種周辺機器を接続することができる製品です。 今回はこの「RaspberryPi400」について解説・紹介していこうと思います。 目次 キーボードにRaspberryPiを搭載した画期的なアイディア 搭載されているSoCはRaspberryPi4のクロックアップ版 2画面に対応 インタフェースが充実 リーズナブルな価格設定 キーボードにRaspberryPiを搭載した画期的なアイディア Livedoor newsより引用 「RaspberryPi400」は、小型なPCに採用されるスティック型やミニケース型の筐体を採用するのではなくPCとしては採用が珍しいキーボードの筐体にコンピューターを内蔵する画期的な製品です。 Windowsの製品の中でも一番小型なスティックPCよりも大きくボックスPCのように机の上で邪魔にならなくキーボードというPCを操作するうえで必須の機器にコンピューターを搭載しているので利用する際に場所を取りません。 搭載されているSoCはRaspberryPi4のクロックアップ版 engadgetより引用 搭載されているSoCはボードでの販売のRaspberryPiに搭載されているもののクロックアップ版が搭載されています。 ボード版のRaspberryPiに搭載されているのはA72ベースの4コアCPUでクロックが1.5GHzです。ですが、今回発売が決定されたRaspberryPi400はコア数及び設計は同じ4コア、A72ベースでありますがクロックが300MHz高い1.8GHzになっています。 2画面に対応 これはRaspberryPi4にも言えることですが2画面

【Raspberry Pi4】用途いろいろ格安なシングルボードコンピューター

イメージ
今回紹介するのは一見変わったコンピューターであるラズパイについてです。 ラズパイとは、手のひらサイズほどの基盤のコンピューターでありシングルボードコンピューターと呼ばれます。 ここでは、このシングルボードコンピューターはどんなものなのか最近発売された最新のRaspberryPi4とは何なのかについて解説・紹介していきます。 ※画像はRaspberryPi財団より引用 目次 GUIのOSが動くシングルコンピューター ウェブ・ファイルサーバー等の常時起動の使用にお勧め USB端子を搭載でUSB機器が使える ストレージはなくSDカードからブート 【電子工作に役立つ】GPIOポートで入出力を制御 RaspberryPi4とは RaspberryPiで作られたスパコンもある GUIのOSが動くコンピューター https://www.howtogeek.com/361572/what-is-an-operating-system/より引用 RaspberryPiではWindowsやLinux、AndroidといったGUIのOSが動作します。 このRaspberryPiというコンピューターは手のひらサイズという小型のコンピューターでありながら、マイコンではできないようなことが多くできるようになっています。その一つがWindowsやLinuxといったGUIのOSの動作です。 RaspberryPiにはRaspberryPi専用のラズビアンOSというものが用意されていて、ネットブラウジングはもちろん、プログラミング学習や簡単なゲームまでプレイすることが可能になっています。 また、ラズビアンOSのほかにもRaspberryPiが対応しているOSであればさまざまなOSを動作させることが可能です。 ウェブ・ファイルサーバー等の常時起動の使用にお勧め ウェブサーバーは処理能力も必要になるのであまりお勧めはできませんが、ファイルサーバーやマインクラフトのサーバーなど、常に起動しておく必要のある使用にRaspberryPiは最適といえます。 RaspberryPiはUSBによる電源供給で動作でき、超省電力での運用が可能です。デスクトップのPCを組むと少なくとも数十Wほどの消費電力が必要になります。 RaspberryPiなら消費電力を気にせずに運用をすることができます。 USB端子搭載でUS

驚異の『8TB』のM.2 SSDがCorsairから発売

イメージ
  アスクより引用 今回はなんと8TBのSSDが発売されたということで、8TBのSSDについて紹介していこうと思います。 今回発売されたSSDはCorsairの製品でM.2のタイプのものになります。 現在販売されているのはアスクとリンクスインターナショナルで容量は1TBから8TBまで用意されています。 このシリーズはMP400シリーズとしてラインナップされています。 目次 SSDとHDD インタフェースはPCIe3.0x4を採用Gen4は対応ならず NANDはQLCを採用 コントローラーはPhisonの製品を搭載、読み込みは3480MB/s、書き込みは3000MB/s 価格 SSDとHDD https://www.partitionwizard.com/clone-disk/clone-a-hard-drive.htmlより引用 PCのデータを保存するための部品にはSSDの他にHDDというものがあります。HDDは、主に円盤を回転させその円盤の上にデータを焼き付けていく方式です。このHDDというものは円盤の枚数を増やしたり、ディスクの記録も密度を向上させることによって容量を増加させています。 一方SSDは、実際に動く部品はなく、すべて電気的なやり取りによってデータの保存をしています。SSDはHDDのように記録しているところまでディスクを動かす必要がないほか、散らばったデータもHDDの場合はディスクの位置を動かしながらしないですが、SSDは電気的なやり取りなので移動のロスが省け高速な読み書きが可能になっています。 SSDは電気的なやり取りをするために保存領域に半導体を使った記録素子を用いており、HDDに比べ価格が高いほか容量の増加が難しい傾向にあります。 インタフェースはPCIe3.0x4を採用Gen4対応ならず 今回発売されたMP400シリーズはインターフェースにPCIe3.0を採用しています。AMDがPCIe Gen4に対応してきていますが、今回のSSDはPCIe 4.0ではなくPCIe3.0で据え置きのようです。端子はType2280を採用しています。 NANDはQLCを採用 MP400シリーズでは記録チップにQLCのNANDを採用しています。SLC、MLC、TLCとたくさんありますが、今回搭載されたQLCは大容量のSSDによく採用されるNANDです。 耐久性

IntelのハイエンドノートPC用CPU Core i7-10750Hってどうなの?

イメージ
インテルより引用 現在はIntelとAMDともにお互いをライバルとし製品を出し合っています。私のブログでもIntel及びAMDの開発するCPUについていくつか記事を書き紹介してきました。 今回は、IntelのCPUの中でもハイエンドノート向けの語尾にHのつくCore i7-10750Hについて紹介していこうと思います。 目次 ハイエンドノート向けCPU「Hシリーズ」とは 省電力より性能を重視 高性能でも欠点が 第10世代のHシリーズのCore i7 「Core i7-10750H」ってどうなの Core i7-10750Hのスペック ベンチマーク Core i7-10750Hの用途 最後に ハイエンドノート向けCPU「Hシリーズ」とは Intelの販売するCPUにはいくつかの種類があり、それぞれ利用方法を想定した性能・価格の製品があります。そして今回紹介するCPUであるHシリーズとはノートPC向けのCPUの中でも性能を追求したCPUです。 この見出しでは主にHシリーズが他のCPUに比べてどのように違うのかについて紹介していきます。   省電力より性能を重視 IntelのCPUの中でもHシリーズが高性能を追求したものであるということを冒頭で紹介しましたが、高性能を実現するために通常のノートPC用のCPU(Uシリーズ)とは違う点が多くあります。その中の一つが「TDP」です。 TDPとは英語で「Thermal Design Power」日本語で「熱設計電力」というものです。このTDPというものはCPUの電力及び発熱の指標となるものです。 そして、通常のノートPC用に搭載されているCPUはこのTDPが低くなっています。これはバッテリーの持続時間を長くするためや小さなボディーにより冷却を行うこと難しくなるので熱を多く発しないためです。 通常のノートPCに搭載される「Uシリーズ」はTDPが15Wに制限されています。ですが、ハイエンドノートPC向けに設計されている「Hシリーズ」はTDPが45WとUシリーズの15Wのおよそ3倍の設計になっています。 この電力的・熱的余裕によって性能を引き出すことができています。 高性能でも欠点が 前の見出しで説明した通り、インテルの「Hシリーズ」は高性能化を実現するためにTDPが高く設定されています。TDPが高く設定されるということはCPUが使

Zen3でキャッシュが共通化 IPCは20%向上 コア数は据え置き 新設計でどう変わるのか

イメージ
今回は、最近有名なCPUメーカーであるAMDから発売される期待のCPU Ryzen5000シリーズについて情報がある程度わかってきたので紹介していこうと思います。 今回紹介するRyzen5000シリーズはついに新アーキテクチャの「Zen3」になりました。Ryzen4000シリーズはZen3になるのではとうわさされていたのですがZen2でした。そのためこの度のRyzen5000シリーズがZen3アーキテクチャを搭載した初めてのCPUになります。 目次 Ryzenとは Ryzenが安価な理由 Zen3とZen2の変更点と強化点 L3キャッシュが共有化 IPCが20パーセントほど向上 Ryzen5000シリーズのラインナップ 発売日 Ryzenとは まず、Ryzenとは何かについてわからない人がいてはいけないのでRyzenとは何なのかについて紹介していきます。 Ryzenとはパソコンの中の頭脳の役割をするCPUという部品の商品名で今まではIntelのCPUがほとんどで市場のパソコンのほとんどがインテル製CPUを搭載していてあまり知られていませんでした。 そして、そのインテルが市場を独占している中Intelのライバル会社であるAMDが開発していたのがRyzenというCPUです。RyzenはIntelと同じように動作するのですが、インテルとAMDのRyzenでは設計が大きく異なります。ここは後で解説しますがこの設計によりAMDのRyzenシリーズはIntelの同等性能の製品に比べ価格が安く抑えられています。 Ryzenを搭載することでパソコンを作るときにかかるコストが少なくて済むのでRyzenを搭載したパソコンも安価になっているので現在注目されています。 また、CPUという部品にはコアと言って処理をする部分がありその数が多いだけ並列して処理を行えるため処理速度を速めることができます。AMDのRyzenではインテルにないようなたくさんのコアを積んだメニーコアなCPUも販売されているのもAMDのRyzenが注目されている理由です。 Ryzenが安価な理由 Ryzenではメニーコアを実現するために4コアまたは8コアを基本単位とするチップをたくさん作りそれらを内部で接続しあうことメニーコア化を実現してきました。(ここから紹介するのはZen2の設計でありZenアーキテクチャの設計と