投稿

9月, 2020の投稿を表示しています

内蔵グラフィックスで60FPSを実現!?新設計のTiger Lake

イメージ
https://www.ciobulletin.com/others/intel-announces-11th-gen-tiger-lake-cpus より引用 8月13日にインテルは第11世代のCore iシリーズとなるTiger Lakeについて詳細な内容を公開しました。 今回の発表は「Intel Architecture Day 2020」というもので製造技術やCPU・GPU・今後のロードマップについての詳細な情報が公開されたイベントであり、このイベント内でCPUについての情報として、現行の第10世代のCore iシリーズの後継となるCPUとしてTiger Lakeについての情報が公開されました。 今回のこのCPUは、第10世代の設計のうち設計が大幅に変えられたIceLakeの後継となるもので、最近の新規格のインターフェイスの登場により、新規格のインターフェースへの対応など様々な機能に対応しました。 目次 プロセスルール10nm、クロックは向上、消費電力は削減 キャッシュ容量が8MBから12/24MBに増加 新規格のインターフェイスに対応 新型のXeグラフィックスはEU数が64個から96個に増加 まとめ プロセスルール10nm、クロックは向上、消費電力は削減 https://image.itmedia.co.jp/l/im/ait/articles/1909/20/l_wi-process02.png#_ga=2.133880845.2093422998.1599574911-976637632.1599574911 より引用 Tiger Lakeではプロセスルールは「10nm SuperFin」になっており、10nmと聞くとIceLakeと同じではと思う人も多いと思います。ですが、今回のTiger Lakeは冒頭で言ったのと同じように同じ10nmプロセスでもIceLakeの時のものに改良を加えた「10nm SuperFin」というものでIce Lakeの弱点であった周波数があまり高くできないという問題を改善し、クロック周波数が向上しました。 また、周波数が上がったことで性能が向上しているのにも関わらず消費電力は削減されました。 今回の製造の変更は周波数など性能に大きくかかわる部分が修正されておりIceLakeよりも高周波数での動作、消費電力の削減など、大

RTX2080Tiよりも2.5倍以上高性能なRTX30シリーズが登場!RTX3090、RTX3080、RTX3070

イメージ
https://gamebiz.jp/?p=275458 より引用 9月1日にRTX2070やRTX2080などのRTX20シリーズの後継となるRTX30シリーズが登場しました。Turingという世代から次世代の設計となるAmpereという世代に切り替わりました。 NVIDIAによるとその性能は「RTX3070はRTX2080Tiよりも高性能」ということのようでここでは、RTX3070はRTX2080Tiよりも高性能なのか、ラインナップ最上位のRTX3090はどれほどの性能なのかについて比較・説明をしていきます。 目次 RTX30シリーズとRTX20シリーズのラインナップとスペック RTX3090について RTX3080について RTX3070について PCle 4.0に対応 HDMI2.1に対応 給電用のコネクタに12pinを採用 CPUのボトルネックを軽減する新機能「RTX IO」に対応 まとめ RTX30シリーズとRTX20シリーズのラインナップとスペック https://www.3dmgame.com/news/202009/3796550.html より引用 RTX30シリーズとRTX20シリーズでは構成が大きく変わり、新設計となりました。 上記の表は、RTX30シリーズとRTX20シリーズのスペックと設計を表にし比較したものです。 まず、注目していほしいのがAmpere世代ではプロセスルールが12nmから 8nm に微細化したことです。プロセスルールが微細化したことで、単位面積あたりに搭載できるトランジスタ数がおよそ1.3倍となり材料費が安く済むので、低コストで高性能を実現できます。また、プロセスルールが微細化することによって消費電力も少なくて済むので、電気料金の面でも低コストであるといえます。 AMDは、TSMCの7nmを採用していますが、NVIDIAはサムスンの8nmを採用することとなったようです。 そして価格の面ですが、RTX30シリーズ最上位のRTX3090は価格が22万9800円でRTX20シリーズ最上位のRTX2080よりも高くなています。しかし、RTX2080と同じランクであるRTX3080では、RTX2080が11万9800円に対してRTX3080は10万9800円と性能向上をしているのに価格が下がっているので現在RTX2080を購入

【Google AdSense】ご報告 グーグル アドセンスに合格しました

イメージ
https://www.emonnao.com/entry/2019/06/09/122328より引用 今回は、ツイッターでお話しした通りアドセンスの申請ができるようになって収益化の審査を申請し合格したのでそれについて語っていこうと思います。   申請できるまでにかかった期間は3か月 http://earth.publicdomainq.net/201708/15o/publicdomainq-0012269pkdubq.pngより引用 私がbloggerを初めてアドセンスを申請できるようになったのはブログを作成し投稿し始めておよそ3か月がたってでした。今回利用したブログサービスがbloggerというものでこのbloggerというブログサービスは他のブログサービスのように独自ドメインを取得しなくてもアドセンスに申請することができるのが特徴です。 基本的にアドセンスに収益化の申請をする際はYouTubeを除き独自ドメインを取得するためにお金がかかります。完全無料で始めるために利用したのがbloggerでした。 また、今回はブログを始めてからアドセンスを申請するのに3か月という長い時間がかかりましたが、ワードプレスを用いてサーバーレンタルしたり独自ドメインを購入したりする場合は今回のように申請できるまで待つということはありません。今回は私が利用しているブログサービスがbloggerであったためアドセンスの申請がなかなかできませんでした。早く申請を行い出来るだけ早く収益化を行いたい人はサーバーとドメインを自分で取得したほうが良いと思います。bloggerでは申請の際にブログのURLを入力してもサブドメインなのではじかれてしまいます。独自ドメインを取得している場合はURLを入力しそのまま申請できるので楽です。 このような理由があり申請まで3か月の期間を要しました。学校の定期テストなどで投稿できない日もあったので、しばらく投稿できていない期間もありましたが、更新頻度がもっと多ければより早く申請できていたかもしれません。   申請時の記事数はおよそ50記事だった https://words-free.com/04-letters-text/394-3d-character.htmlより引用 投稿からおよそ3か月たってからブログの収益化申請が行えるようになったので、」収益化申請を

Galaxy本気の一台【Galaxy S20 5Gシリーズ】

イメージ
今回紹介していくの韓国のサムスンから販売されている新機種である「Galaxy S20 5G」について紹介していこうと思います。サムスンは、RAMやSSDなどのNANDメモリーの開発をしている会社であり世界的に見ても有名な会社です。 今回発売された「Galaxy S20 5Gシリーズ」では、カメラ機能が強化されており、今回の機種の目玉である機能の一つです。現在は、カメラを複数台搭載することや高性能なカメラを搭載するスマホが多く出回っており今回の「Galaxy S20 5G」は例外でなくS10シリーズに比べると圧倒的にカメラの性能が向上しています。 Galaxy S20は5Gにも対応しており、その他にも多くの進化をしています。今回は様々な点に注目して今回の機種について紹介していこうと思います。   本体サイズのラインナップが増加 今回の「Galaxy S20」シリーズでは前作のモデルでは2種類の画面サイズのモデルしか用意されていませんでしたが、今回は6.2インチ、6.7インチ、6.9インチの3種類の画面サイズのラインナップになりました。 片手持ちをしたい人には画面サイズが大きいものは合わないと思いますがYouTubeやAmazon Prime Videoなどのオンライン動画配信サービスなどで映像を視聴する人にとっては画面サイズが大きくなったことで見やすくなったと思います。ですが、重量が重たくなってしまうので携帯性を重視する人は小さい画面の方がよいかもしれません。   バッテリーの容量が増加「一日使えるバッテリー」 今回のGalaxyでは画面サイズの違う3モデル別でGalaxy S20が4000mAh、Galaxy S20+が4500mAh、Galaxy S20 Ultraが5000mAhのバッテリーを搭載しており、どのモデルでも1日バッテリーが持つようになっています。 画面のリフレッシュレートが120Hzに対応したことでバッテリーの消費量が増加したため、より長時間利用したい方はリフレッシュレートを60Hzに設定した方がよいかもしれません。   最大【1億800万画素のカメラ】を搭載 今回のGalaxyの目玉であるのが冒頭でも紹介した通りカメラの進化です。今回のGalaxyのGalaxy S20 Ultraでは、広角カメラの画素数が1億800万画素にもなる仕様で、他のメー