MacシリーズがARM化 Apple独自のCPUに

Appleより引用

今回は、いつものWindowsPCやスマホの話ではなくAppleの話題です。Apple社が発売しているMacシリーズがについてです。


まず、昔のMac現在のMac、今後のMacについて語っていこうと思います。

 

 昔のMac

では、昔のMacについて紹介していきます。昔のMacは現在のiPhoneに搭載されているようなAppleが独自開発したCPUが搭載されていました。私たちが使っているiPhoneの魅力はAppleが独自開発したSoCを用いて一からすべてのものをAppleが開発することで安定した動作や高性能を出すことができるところです。OSの設計にしても機種に使われる部品が決まっていればそれに合わせて開発することができるのでその部品の性能をしっかりと引き出すことができます。

 

この独自のCPUを搭載していたのはG3G4G5などの機種が発売されていたころです。その時のMac特にG4はその性能がとても評価されていました。

 

 現在のMac

現在のMacは昔のMacと違いIntelCPUを採用しています。IntelCPUの性能がCoreシリーズの登場により大幅に向上したことや、CPUの自社製造のコスト面からIntel性能CPUになったと考えられます。

 

IntelCPUが搭載されたことでMacBootCampを使えばWindowsを利用できるようになりました。昔のMacは独自開発のCPUだったためWindowsが動作しませんでした。この点はIntelに移行したメリットです。

 

 今後のMac

そしてここが本題です。Appleが今後のMacに独自開発のCPUを搭載することを決定しました。昔のMacと同じような状況になります。独自開発のCPUを用いることでWindowsは動作できなくなる可能性がありますが、Macの性能が向上する可能性もあります。

 

現在のiPhoneはその時々のAndroidスマホに搭載されるハイエンドSoCSnapdragonよりもCPUGPUの面で高性能になっています。一部で言われているiPhoneはゲームが強いという意見はある意味本当なのです。

 

ARMCPUを搭載したMacとして考えられているのがiPhoneに搭載されているA12Zプロセッサーを搭載したものでこのA12ZプロセッサーはIntelCPUの中で近い性能を選ぶとするとノートPC用の第10世代のCore i7ほどの性能があります。このA12Zは、iPhone用に発熱や消費電力が少なくなるように設計されています。PCであれば十分な冷却機構を持つことができるので、クロックやコア数を増やすことができます。Appleの開発するCPUA12Zよりもより高性能になると予想されます。

コメント

このブログの人気の投稿

IntelのハイエンドノートPC用CPU Core i7-10750Hってどうなの?

新型Macの「M1」のCinebenchのスコアが公開、第11世代i7を上回る

RTX2080Tiよりも2.5倍以上高性能なRTX30シリーズが登場!RTX3090、RTX3080、RTX3070