自分のブログをGoogleの検索結果に載せる方法 ブログを開始してURLがインデックス登録されるまで

ブログやホームページを作成したけど検索結果に表示されないと思ったことはありませんか、私も最初は自分のブログが検索結果に表示されずどうすればよいか悩んでいました。


今回は、私がブログを始めてからの報告を兼ねてブログやホームページをGoogleなどの検索結果に表示させる方法を紹介していこうと思います。

 検索結果に自分のサイトを表示させる方法

ホームページやブログなどのサイトが検索結果に載るには、まずGoogleなどの検索エンジンを提供しているところに自分のサイトがあるということを知ってもらう必要があります。通常は、ブログやホームページなども何もしなくても検索結果に載ります。ですが、それでは、とても時間がかかります。

そのため、Googleには自分のブログを認識してほしいと申請してみてもらうようにお願いすることができます。このことをインデックス登録を申請するといいます。ここでは、そのための手順について紹介します。

Googleに申請を出すということなので絶対に申請が通って検索結果に載るとは限りません。また、始めたばかりのブログサイトなどはそのブログにつながるリンクの数が少なかったりしてすぐには申請が通らない可能性があります。私も、インデックス登録の申請を行いましたが、数週間の時間が経ってやっと申請が通り検索結果に載るようになりました。

まず、Googleなどの検索エンジンはどうやって私たちのサイトを見つけているのでしょうか。まず、そこから説明しています。

Googleなどはサイトを見つけるためにサイト内のリンクを探しリンクを行き来するものがあります。それがクローラです。そのクローラが自分のサイトに来てもらうことで認識してもらえるのです。これをクロールといいます。しかし、サイトを見つけるためにリンクをサイト内のリンクをたどっているため、自分のブログにつながるリンクがどこにもない始めたばかりのブロガーさんなどはインデックス登録までに時間がかかったりするのです。

ですので、すでにクローラが巡回しているブログを持っている人に自分のブログのリンクを張ってもらったりするとインデックス登録するためのクローラが自分のサイトにくることができるようになります。そうすることで、より早くインデックス登録され検索結果に載るようになるのです。

では、ここからは、インデックス登録の申請の仕方について説明しています。

 サーチコンソールに登録する

まず、インデックス登録を申請するためのサービスを利用できるサーチコンソールというサービスに登録する必要があります。

サーチコンソールは、ブログのアクセス解析に利用しているアナリティクスと同じくアクセス解析に関するサービスの一つです。ですが、アナリティクスはブログにアクセスした後についてやアクセスされた方法などについて解析されますが、サーチコンソールはアクセスにつながる検索結果に表示された回数や検索結果をクリックしてサイトを訪問した回数などや掲載順位など、アクセスにつながるアクセスされる前の状況を解析するサービスになっています。

その中のサービスに検索結果に反映してもらうためのインデックス登録申請を行う場所があるということです。

まず、下記のアドレスにアクセスします。

するとこのようなサイトにつくと思います。この画面の今すぐ開始というところをクリックします。



すると、Googleのログイン画面が表示されるのでログインします。ログインが完了すると以下のような画面になります。

ここで、登録する方法が2つあります。

〇ドメインを登録する
〇監視したいURLのみ登録する

の二つです。ですが、二つ目のものは登録したURLしか監視できないのでブログやページの行き来のあるホームページなどがの場合はすべて一つ目の方法になります。

画像に沿って説明すると1つ目がドメインを登録する方法2つ目がURLプレフィックスになります。

ここでは、ドメインを登録する方法を紹介していきます。

ドメイン登録ですが、アドセンスの申請などを行う場合は独自ドメインが必要ですが、サーチコンソールの登録の場合はサブドメインでも問題ないので私の使っているBloggerなどのサービスでも利用することができます。

登録するのにまずは、自分のサイトのURLを準備します。
私の場合は「https://yamasangadget.blogspot.com/」がブログのURLになります。そして、この登録の際に入力するのは「https://」を除いた「yamasangadget.blogspot.com/」となります。https://やhttp://はウェブサイトの種類を識別するものなのでこれを入力したままだと進めないようになっています。

その後は説明に従って進んでいけばサーチコンソールへのブログの登録は完了です。

 サイトマップを送信する

次に、投稿しているブログの一つ一つを認識してもらうためにサイトの構造を記したようなファイルを送信する必要があります。

まず、ログインを済ましサーチコンソールに入ることができたら以下の動作を行い自分のブログの解析結果を見る画面に入ります。

1、左上のところの「Google Search Console」の左側にある三本線をクリックします。


2、「サイトマップ」をクリックします



するとこのような画面になると思います。


ここにサイトマップを入力し送信します。
まず、自分のサイトのURLを準備します。そしてそのサイトのURLに「/sitemap」を入力し「ooooo/sitemap.xml」のようになります。私のブログの場合はURLが
「https://yamasangadget.blogspot.com/」なので「https://yamasangadget.blogspot.com/sitemap.html」と入力することになります。そしてそれが入力し終わったら送信を押して完了です。

これを行ったことで、ブログを投稿しブログが追加されるとサーチコンソールにもそのデータが届きその追加されたサイトも含めた解析が行われるようになります。

 インデックス登録を申請する

ここからが、大切なところです。ここまでの作業で準備が完了したので次はURLをインデックス登録してもらうように申請する作業です。

1、「Google Search Console」の左にある三本線をクリックする

2、「URL検査」をクリックします


すると、この下記の画像のような検索窓が出てきます。この部分にインデックス登録を申請したいブログのURLを入力します。



するとインデックス登録されていないと下記のような「URLがGoogleに登録されていません」という表示が出ます。この状態ではインデックス登録がされていないのでインデックス登録の申請を行う必要があります。



インデックス登録の申請を行うには「URLがGoogleに登録されていません」という表示が書いてあるボックスの中にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。その後の指示に従えばインデックス登録の申請が完了します。

また、インデックス登録をよりはやくするには、下記の「公開URLをテスト」をクリックします。



クリックをした後しばらく時間がかかりますが下記のような画面に変わります。サイトに不具合などがない限り同じように「URLはGoogleに登録できます」という表示になると思います。


そして、この画面の「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

こちらでやる方が、あらかじめサイトのテストが行われるためより早くインデックス登録されて検索結果に載るようになります。

そして、インデックス登録がされると下記のような状態になり検索結果に載るようになります。


 インデックス登録されない場合もある

このインデックス登録を申請するということはあくまで申請するということなのでサイトを検索結果に表示しても利益を見込めないとGoogleが判断した場合はインデックス登録されない場合があります。その場合には、ブログの記述量を増やすなどサイトの改善などが必要になる場合があります。

 最後に

ブログを始めた人やホームページを開設した人はみな検索結果に載りたいと考えていると思います。アクセスのほとんどを占めるのは検索からの流入であり、検索結果に載るということはアクセス数アップにつながります。

インデックス登録に時間がかかったりするかもしれませんが、ブログで一番アクセス流入を狙える検索結果に載るようにインデックス登録を申請することはブログを成長させていく第一歩だと思います。

またこれは私の意見ですが、ブログやホームページがインデックス登録されてもそれは、ただ検索結果に載ったということだけで、アクセス数が急に増えるということはありません。SEO対策を行ったりなど、検索によるアクセスの流入を目指すにはもっと対策をしないといけないと思っています。私のブログもインデックス登録はされたものの検索からの流入はほとんどありませんが、これからもインデックス登録され検索結果に載ったことを励みにより多くの情報をブログを通じて伝えていければなと思っています。

※すべての画像はGoogleより引用


コメント

このブログの人気の投稿

IntelのハイエンドノートPC用CPU Core i7-10750Hってどうなの?

新型Macの「M1」のCinebenchのスコアが公開、第11世代i7を上回る

RTX2080Tiよりも2.5倍以上高性能なRTX30シリーズが登場!RTX3090、RTX3080、RTX3070