投稿

6月, 2020の投稿を表示しています

【2020 7月】GTX1650 Tiを搭載した2in1コンバーチブルPC 新Spectre x360 15

イメージ
今回紹介するのは、HPより販売されているプレミアムPCのSpectre x360 15の新型についてです。 このPCはHPのプレミアムPCのSpectreシリーズ、Envyシリーズ、Eliteシリーズ、Z BY HPシリーズのうちのSpectreシリーズに入り他のプレミアムPCのシリーズに比べ高性能なのが特徴です。(Z BY HPを除く) HPのプレミアムパソコンはすべての種類に2in1PCがあり今回紹介するSpectre x360 15も同じく画面が360度回転するコンバーチブルの2in1PCです。   高性能な第十世代Core シリーズのHモデルを搭載 Spectre x360 15には第10代Core シリーズのハイエンドノートPC用のHシリーズのCPUが搭載されています。Uシリーズに比べると発熱や消費電力は大きいですがクロックが高くUシリーズよりも大幅に高性能なのが特徴です。ですが、ノートPC用のCPUなので発熱や電力を少なくするためにクロックが下げられていたりするので無印のデスクトップ版のCPUに比べるとCPU性能は低くなっています。 その中でも今回のSpectre x360 15に搭載されているのは旧機種と同じくCore i7のCore i7-10750Hです。コア数は6コアでスレッド数は12スレッドと旧機種に搭載されていたCore i7-9750Hと同じコア数・スレッド数です。 ですが、今回搭載されているCore i7-10750Hは従来の第9世代のCre i7-9750Hよりもクロックが4.5GHzから5GHzに向上されており、より高性能になっています。また、熱的余裕があればよりクロックを高められる「Thermal Velocity Boost」に対応しておりより高クロックを出すことが可能になっています。 上記のグラフは、CPUの性能をCinebench R15を用いて比較したものをグラフにしたものです。緑色のバーが今回のSpectre x360 15に搭載されているCPUです。Core i7-10750Hはクロックの向上などによりスコアがCore i7-9750Hより100ほど向上しています。デスクトップ版のCore i7は2000近い性能を出していて及びませんが、通常ノートPCに搭載されるUシリーズに比べる明確な性能差があります。 これほどの性能

7インチのゲーミングUMPC「OneGx1」の予約販売開始

イメージ
One-Netbook Technologyより引用 今回紹介していくのは、中国のOne-Netbook Technologyより予約販売を開始した「OneGx1」です。 この製品を販売している One-Netbook Technologyは、今回予約販売を開始した「OneGx1」のほかにも、たくさんの種類のUMPCを販売しています。中には、360度ヒンジが回転するコンバーチブルタイプのものもあります。 One-Netbook Technologyは、UMPCに特化したメーカーです。UMPCを購入したいと思っている人にはお勧めのメーカーです。 ここからは、性能面だけでなく、機能面などにも注目して紹介していこうと思います。   販売予定と予約販売受付開始日について 「OneGx1」の販売は、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ソフマップ、アマゾンからされることになっており、8月中旬の販売開始を予定しています。現在では、販売日などの詳細な情報はわかりません。 販売は8月中旬ですが、予約の受付は6月29日から開始しています。   専用のコントローラーを利用可能 上記の画像を見てください。「OneGx1」では、別売りではありますが着脱可能な専用のゲームコントローラーを利用することができます。 また、コントローラーが利用できるようになったことで、様々な利用方法ができるようになり、キーボードとマウスを用いるがいぶ「デスクトップモード」、映像を外部出力して利用する「TVモード」、コントローラーを装着してゲームをプレイする「携帯モード」、左右のコントローラーを独立して利用し2人でのプレイを可能にする「テーブルモード」が利用できるようになっています。 この利便性を例えるならば任天堂から発売されている「Swich」です。任天堂の「Swich」は用意されたカセットまたは任天堂オンラインストアのゲームしかできませんですが、ゲーミングUMPCとして開発された「OneGx1」は、PC版のゲームならばほとんどのゲームをプレイできます。ゲーミングPCを携帯ゲーム機のように利用できる点は面白いと思います。 公式サイト限定の予約特典で専用ゲームコントローラーとケース、HDMIケーブルをプレゼントされるそうなので、購入を考えている人は公式サイトでの購入をお勧めします。   高性能を保つ冷却機構 One-Net

DELLのプレミアムノートPC XPS13 Core i7-1065G7搭載

イメージ
DELLより引用 今回紹介していくのは、DELLより販売されているノートPC「XPS13」です。 今回紹介する製品は、DELLの中でもプレミアムモデルの位置づけで、その下には、グレードの高い順でInspiron 7000シリーズ、Inspiron 5000シリーズ、Inspiron 3000シリーズがあります。今回紹介するXPSシリーズは、価格は高いですが、筐体の材質や利用時の使い心地、性能などに力を入れているいわばDELLの本気のパソコンになります。 今回紹介するのはXPS13というシリーズですが、XPSには13インチと15インチのものと、2in1とそうでないものがあります。XPS13とXPS15とでは性能が大きく違い、XPS15のほうが性能が高くなっています。そのため、重たい作業を行う人や画面サイズが大きい方がよいという人は15インチのXPS15をお勧めします。 ですが、13インチのXPS13は、画面サイズが小さい分コンパクトで持ち運びがしやすくなっています。持ち運びをすることを前提としている場合は、13インチのXPS13がお勧めです。 では、性能面や、機能面、この機種の特徴について解説していこうと思います。   最新の第10世代IceLakeのCPUを搭載 XPS13は、Intelの第10世代のCoreシリーズを搭載しています。第10世代のCoreシリーズには、「CometLake」と「IceLake」の2種類の設計が違うモデルがあり、今回XPSに搭載されているのは「IceLake」の方です。IceLakeは、プロセスルールが従来の14nmから10nmに微細化しており、低消費電力で高性能になっています。一方CometLakeの方は、性能はほとんど変わりませんが、従来のCPUと同じく14nmのプロセスルールを採用しています。 IceLakeのCPUは、クロックが低くなっています。それは、プロセスルールの微細化によりIPCが向上しクロック当たりの性能が向上したためです。また、IceLakeのCPUは、従来のCPUに比べグラフィックス性能が大きく向上しています。 そして、今回のXPS13に搭載されているCPUは「Core i5-1035G1」または「Core i7-1065G7」です。プレミアムモデルということもあり、Core i3モデルは用意されていませんでした。

おしゃれで高性能なビジネスにもクリエイティブ用途にも使えるPC MSI MODERNシリーズ(Intel版)

イメージ
MSIより引用 今回は、MSIより販売されているクリエイター向けノートPCのPrestigeシリーズの紹介に引き続き同じくMSIのビジネス向け・クリエイター向けののノートPCであるModernシリーズを紹介していきます。 Modernシリーズは、Prestigeシリーズとは違い外部グラフィックスを搭載していない製品もあるため、ゲームを行ったり動画編集を行ったりするには向かない場合もあります。ですが、CPUには、最新の第10世代のCoreシリーズを搭載していてビジネス用途に利用するには十分な性能を有しています。 ModernシリーズにはAMDのRyzenを搭載しているモデルもあるのでそちらを選ぶのもありだと思います。 今回は、Modernシリーズの中でもIntelの第10世代Coreシリーズを搭載したモデルに着目していこうと思います。AMDのRyzenシリーズを搭載したモデルについては、別に記事を設けようと思います。   利用用途に合わせられる2つの画面サイズのモデルをラインナップ ModernシリーズはPrestigeシリーズと同じく14インチのモデルと15インチのモデルの2サイズの画面サイズのモデルをラインナップしています。14型は、画面が小さい分パソコン本体のサイズも小さくなるので持ち運びに便利です。15型は、14型よりも画面サイズが大きく家庭やオフィスでの利用の際に向いています。 持ち運びには14インチ、画面サイズが大きくて作業のしやすい15インチモデルは持ち運びの少ない家庭やオフィスでの作業に向くと思います。   高性能な第10世代Coreシリーズを搭載 Modernシリーズは冒頭に紹介したっとおりIntelの第10世代のCoreシリーズが搭載されています。中でも最上位モデルのCore i7-10510Uは4コア8スレッドでとても高性能です。Prestigeに搭載されている同じくCometLakeのCore i7-10710Uの6コア12スレッドのモデルには性能面では負けてしまいますが、十分な性能を有しており、ほとんどなんでもこなすことができます。(下位モデルには、Core i5-10210Uが搭載されています。) 上記のグラフは、CPUの性能をCineBenchR15を利用した結果をグラフにしたものです。緑色もバーが今回紹介しているModernシリーズに搭

7万円からはじめるゲーミングPC Lightning AH5

イメージ
ドスパラ商品ページより引用 今回紹介していくのはドスパラから販売されているPC「Lightning AH5」です。 この製品を販売しているドスパラという会社は以前は「ドス・パラダイス」といわれていた会社でPCの部品の販売を行ていた販売代理店でした。ですが、ここ最近ではドスパラはオリジナルのパソコンを販売するようになり他のメーカーの製品よりも安く提供できるところが特徴です。 今回紹介する製品も、性能の割に安い価格設定になっています。   コストパフォーマンスが高く高性能な第三世代Ryzen搭載 Lightning AH5は、AMDより販売されている第三世代RyzenシリーズのRyzen 5 3500を搭載しています。 Ryzen 5 3500は、最新の7nmのプロセスルールを用いており、それに伴いIPCが向上したため、第2世代のRyzen 5よりも性能が向上しています。 モデル Ryzen 5 3500 コア数 6コア スレッド数  6スレッド ベースクロック 3.6GHZ ブーストクロック 4.1GHz キャッシュ 16MB TDP 65W コア数は6コアと現行のIntelシリーズと同じです。Ryzenはゲームに弱いといわれていましたが、今回のRyzenシリーズはゲームの性能に大きくかかわるシングルスレッド性能が向上しているため、以前の第2世代のRyzenシリーズよりもより快適にゲームをプレイできると思います。 上記のグラフはCPUの性能をCinebench R15を利用し比較したものです。今回紹介している製品に搭載されているのは緑のバーのものです。 ノートPC用のCore i7-10510Uよりも高性能になっています。同じ6コアですが12スレッドのノートPC用のCore i7-10710Uよりは劣りますが、おおよそノートハイエンドノートPCのCore i7にあたるぐらいの性能を有しています。 Cinebench R15の結果で1000以上の結果を出していればほとんどの処理が可能なので必要十分な性能を有しています。   GeForce GTX 1650を搭載 Lightning AH5には外部グラフィックスとして、NVIDIAのGeForce GTX 1650を搭載しています。GPUの性能は他の上位のグラフィックスボードには及びませんが、ほとんどのFHDゲームをプレ

長年使われてきた「Flash Player」廃止へ

イメージ
Adobeより引用 ブラウザーでのオンラインゲームや様々なブラウザ上での動作にかかわってきた「Flash Player」が廃止されることが決まりました。 Adobeは2020年末までにFlash Playerをアンインストールするように促すプロンプトを表示する予定をしています。 そして、このような情報をFlash Playerのサポートページにて発表したことでこの計画が明らかになりました。 サポートが終了するとダウンロードページがなくなり、Flash Playerが利用できなくなるようです。 また、それだけでなく、利用自体も制限されるようになり、Flashベースのコンテンツ自体の実行がブロックされるとされています。 現在ではFlashのコードを利用するサイトは全体の2.6パーセントとほとんど使われておらず、また、ハッキングやマルウェアの標的にされていたこともサポート終了を決めた要因のようです。 現在では、Flashを利用するコンテンツは少ないものの、以前は動画プレイヤーから、簡易的なブラウザーゲームなどブラウザ内での表現の幅を広げてきたFlashがなくなるということはとても悲しいですが、これも、ソフトウェアの技術の進歩のためだと思いました。 また、これに関しても、Flashは2014年には盛んに使われていたため、一日にFlashのコンテンツを読み込まれることが80パーセントほどありましたが、2018年には8パーセントほどに減少してしまったようです。 これも、Webの技術が向上したとともにFlashに頼らなくとも同じことが行えるようになったためだと思います。

300Hzの液晶搭載のALIENWARE登場 ゲーミングノート

イメージ
Dellより引用 今回紹介していくのはDELLより発売された新型のALIENWAREについてです。 DELLより販売さえているALIENWAREはゲーミングに特化したパソコンで、ディスプレイが高フレームレートだったり、CPUにデスクトップ用のCPUが搭載されていたり高性能なグラフィックスボードが載っていたりします。 価格はかなり高いですが、ノートパソコンに最高のパフォーマンスを持たせたいという人には選択肢に入る製品だと思います。 そして、今回はタイトルにある通り新型のALIENWAREが300Hzのディスプレイを搭載しました。ここでは、300Hzのディスプレイを搭載したこと以外にもスペックの面などからも「 ALIENWARE Area-51m R2 」を観察していこうと思います。   高性能なデスクトップ版CPUを搭載 今回の製品にかかわらず最高のパフォーマンスを求めているのでデスクトップ版のCPUが搭載されています。 デスクトップ用CPUは、CPUの性能がノートパソコンよりも高くなっています。ノートパソコンはバッテリーや重量の関係や冷却の難しさから省電力で低発熱なノートパソコン用のUシリーズやYシリーズが搭載されるのが一般的ですが、性能を求める場合にはデスクトップ版のCPUが搭載されることがあります。 今回の新型のALIENWAREで採用されたのは第10世代の「Core i7-10700(K)」または「Core i9-10900K」です。 Core i7-10700(K)は8コア16スレッド Core i9-10900Kは10コア20スレッドになっています。 第10世代のCore i9シリーズには通常のターボブーストに加えより熱量に余裕があればより高クロックを出せる「Thermal Velocity Boost」が搭載されています。Core i9の最大周波数はなんと5.3GHzでとても高クロックで動作できるようになっています。 今回搭載されたCPUはデスクトップ版のCPUで高性能でありますがとても発熱が多い傾向にあります。特にCore i9はとても発熱が多くなっています。 今回のALIENWAREはそのCPUの発熱に耐えられるように設計されていますが、高性能なCPUクーラーを用いても冷却が難しいCore i9を扱っているため、もしかすると最大のパフォーマンスを出せ

ハムスター日記再開 ハムスターが食べていいもの 夏なのでスイカをあげました

イメージ
夏になったので、おやつにスイカをあげてみました。思ったより食いついてくれてうれしかったです。 さて、今日は、ぽるちゃんのナレーションはありませんがハムスターの食べることのできる野菜や果物について紹介していきます。 その前に今回は動画を撮ったので見ていただけると嬉しいです。   あげていい野菜 ハムスターはペレットや市販のおやつのほかに野菜を食べさせることが可能です。生野菜でも食べるので料理の途中など準備してあげるといいと思います。 ハムスターに挙げていい野菜は、キャベツ、白菜、サラダ菜、ニンジン、ブロッコリー、サツマイモ、カボチャ、パプリカ、大根、キュウリなどです。ニンジンなどもハムスターは木の実などのかたいものも簡単に食べてしまうので生で上げることが可能です。 キュウリなどの水分の多い野菜のあげすぎには注意してください。おなかを壊して下痢をしてしまう場合があります。 また、まだ幼少期の小さなハムスターや年寄りのハムスターは歯の弱い場合が多いので、その際にはレンジでチンしてあげたりゆでたりして柔らかくする工夫をしてあげれば食べさせることができます。 生野菜は時間が経つと腐ってしまうので、生野菜をあげた後は小屋の中を確認し食べきれなかったものは腐る前に取り除くようにしましょう。 野菜は毎日あげてもらって問題ありません。ハムスター(特にゴールデンハムスター)は雑食の動物ですが草食に近い雑食なので野菜をあげることはビタミンなどの栄養素の補給にもなり体調を整えるのにも適してます。ですが、主食のペレットは栄養のバランスを考えられて作られているものなので、ペレットをあげずに野菜だけあげるといったことはしないでください。あくまで野菜はおやつです。   あげてはいけない野菜 ネギや玉ねぎ、ニラは少しでも食べてしまったらしに至ってしまうかもしれない危険な食べ物です。絶対にあげないようにしてください。また、チョコレートは野菜ではないですがこちらも絶対あげてはいけません。 また、上記の食べていい野菜には書いていませんがトマトなど他にも食べられる野菜もありますが水分の多い食べ物はあげすぎにより下痢を引き起こす可能性があるので気を付けましょう。   あげていい果物 野菜だけでなく果物をあげることもできます。ですが、ハムスターは嗜好性が強く甘みのあるおいしい果物をあげてしまうと主食であるペレッ

新機種 Surface Laptop4 Ryzen 7 4800U搭載の可能性

イメージ
Microsoftより引用 今回は、現行のSurfaceシリーズのSurface Laptop3の後継機種になるであろう端末である「Surface Laptop4」に搭載されるCPUについての情報が出てきたので紹介していきます。 今回の情報はWindows Latestからの情報で 「3DMark 11」のデータベースにベンダーがMicrosoftでプロセッサーがRyzen 7 4800Uのベンチマーク結果が掲載されたことから判明しました。 Windows Latestより引用 CPUには、AMDが開発を行っているRyzenシリーズを搭載すると考えられます。現行のSurface Laptop3でもRyzenシリーズが搭載されており15インチ13.5インチモデルがあり、15インチモデルにAMDのRyzenシリーズが搭載されています。 現行のSurface Laptop3では、「Ryzen 7 3780U」「Ryzen 5 3580U」があり、これらのCPUは、Surface Laptop用にRyzen 7 3700UまたはRyzen 5 3500UのGPUを強化したものになっています。 この現在のSurface Laptop3に搭載されているCPUを考慮して考えると、次期Surface Laptop4は、後継の第4世代Ryzen Mobileシリーズの「Ryzen 7 4800U」「Ryzen 5 4500U」が搭載されるか、または、それらのCPUをもとにSurface Laptop3と同じくグラフィックス性能を強化したSurface Laptop4専用設計のCPUになると予想されます。 グラフィックスに関しては、現行のSurface Laptop3は外部GPUを搭載しておらず、後継機種になるであろうSurface Laptop4でも外部GPUが搭載される可能性はほぼありません。 Surface Laptopシリーズは毎年モデルチェンジが行われています。まだ、どのような使用になるかは確定していませんが今年中に発売されると思われます。IntelでなくAMDのCPUが搭載されているSurface Laptopが楽しみですね。

1.29KgでGTX1650搭載 薄型軽量のMSI Prestige 14

イメージ
1.29KgでGTX1650搭載 薄型軽量のMSI Prestige 14 MSIより引用 今回紹介していくのはMSIから販売されているコンパクトなクリエイター向けノートパソコン Prestige 14について紹介していきます。 MSI Prestigeには、15型のモデルもあります。画面サイズが大きい方がいいという人はそちらを選ぶのもありだと思います。また、Prestige 15はディスプレイにも力を入れており、4Kディスプレイを搭載しています。4Kディスプレイを選ぶ場合にもこちらを選ぶのもありだと思います。 また、これよりも上にCreatorというシリーズがあり、それらは重量は重くなるもののより高性能になっています。   動画編集や画像編集にも耐えうる十分なスペック Prestige 14には、Core i7-10710Uという6コア12スレッドの高性能なCPUを搭載しています。Core i7-10710Uは、Intelの最新の第10世代のCPUです。 第10世代のCore i シリーズにはプロセスルールの違うプロセスルールが10nmのIceLakeと14nmのCometLakeがあります。このPrestige 14に搭載されているのはプロセスルールが14nmのCometLakeのものが搭載されています。 一見10nmのIceLakeのほうがプロセスルールが細かくなっており高性能なイメージがありますが、このPrestige 14にあるような6コアのモデルはなく、4コアが最大になっています。。また、プロセスルールの微細化により低クロックでも性能が出せるようになったものの、現在まだ、10nmのCPUは出たばかりで、どれもクロックが低くなっています。 上記の表を見てください。これは、Prestige 14に搭載されているCore i7-10710Uのスペックです。 コア数とスレッド数は冒頭で説明した通り6コア12スレッドです。定格クロックは1.10GHzです。これだけ見るとこのCPUの性能は低いのではないかと思いますが。ターボブースト利用時のクロックは4.7GHzとかなり高いクロックとなっています。IceLakeのCPUはクロックが3GHz代なのでかなリ高いクロックです。 TDPは、15Wです。ハイエンドノートパソコン向けのHシリーズのCore i7-9750Hは45

渋谷区に次ぎ兵庫県でもSurface Go2を学校で採用

イメージ
2020年5月に東京都の渋谷区の区立小中学校でSurface Go 2を導入することが決まりました。その台数なんと「12500台」です。 Surface Go 2は文部科学省の示している「GIGAスクール構想」の  「学習者用端末の標準仕様」を満たしタブレットとしても使える2in1パソコンであり背面カメラやアクティブペンにも対応した子供にとってもうれしい学校利用に最適な製品です。 渋谷区ではもともと2017年からWindowsパソコン(タブレット)を採用し生徒や職員に配布することで1人1台の端末環境を整備してきました。そして、この2020年には、Surface Go 2が採用されることになりました。 また、タブレットパソコン本体だけでなくアクティブペンとして1クラス分の「マイクロソフト クラスルームペン」と「Office 365」を導入しOfficeを使った紙業の作成などや手書きによる学習も可能にしています。 そして、6月に入り次は兵庫県の県立高校に16000台のSurface Go 2の配布が決まりました。 兵庫県では、コロナウイルス拡大で遠隔学習環境が求められ「Surface Go 2」と「Microsoft Teams」を活用することで「学びを止めない環境を実現できる」とし導入を決定したようです。 また、日本マイクロソフトはSurface Go 2を教育現場で児童・生徒が使うことを強く意識して設計し。想像力を直感的に表現できる「文房具」として使えるように開発したいと語っています。 コロナウイルスによる授業の遅れがなくとも児童・生徒のより良い学びのために、このような便利な機器が文房具の一部として広がってくれると嬉しく思います。 ※画像はマイクロソフトより引用

自分のブログをGoogleの検索結果に載せる方法 ブログを開始してURLがインデックス登録されるまで

イメージ
ブログやホームページを作成したけど検索結果に表示されないと思ったことはありませんか、私も最初は自分のブログが検索結果に表示されずどうすればよいか悩んでいました。 今回は、私がブログを始めてからの報告を兼ねてブログやホームページをGoogleなどの検索結果に表示させる方法を紹介していこうと思います。   検索結果に自分のサイトを表示させる方法 ホームページやブログなどのサイトが検索結果に載るには、まずGoogleなどの検索エンジンを提供しているところに自分のサイトがあるということを知ってもらう必要があります。通常は、ブログやホームページなども何もしなくても検索結果に載ります。ですが、それでは、とても時間がかかります。 そのため、Googleには自分のブログを認識してほしいと申請してみてもらうようにお願いすることができます。このことをインデックス登録を申請するといいます。ここでは、そのための手順について紹介します。 Googleに申請を出すということなので絶対に申請が通って検索結果に載るとは限りません。また、始めたばかりのブログサイトなどはそのブログにつながるリンクの数が少なかったりしてすぐには申請が通らない可能性があります。私も、インデックス登録の申請を行いましたが、数週間の時間が経ってやっと申請が通り検索結果に載るようになりました。 まず、Googleなどの検索エンジンはどうやって私たちのサイトを見つけているのでしょうか。まず、そこから説明しています。 Googleなどはサイトを見つけるためにサイト内のリンクを探しリンクを行き来するものがあります。それがクローラです。そのクローラが自分のサイトに来てもらうことで認識してもらえるのです。これをクロールといいます。しかし、サイトを見つけるためにリンクをサイト内のリンクをたどっているため、自分のブログにつながるリンクがどこにもない始めたばかりのブロガーさんなどはインデックス登録までに時間がかかったりするのです。 ですので、すでにクローラが巡回しているブログを持っている人に自分のブログのリンクを張ってもらったりするとインデックス登録するためのクローラが自分のサイトにくることができるようになります。そうすることで、より早くインデックス登録され検索結果に載るようになるのです。 では、ここからは、インデックス登録の申請の仕方につい